本文へスキップ

「ハートフル・ピースフル・ドリームフル」愛情いっぱいの、平和な、夢のある岩ヶ崎高等学校です。

TEL. 0228-45-2266

〒989-5351 宮城県栗原市栗駒中野愛宕下1-3

沿革school history

 昭和16年 4月 1日  高等女学校令に基づき岩ケ崎(現栗原市)町立宮城県岩ケ崎実科女学校の設置許可、宮城県岩ケ崎実科女学校と称する。修業年限2年(定員200名)同補修科・修業年限1年(定員30名)校長は石川一郎岩ケ崎国民学校長が兼任する。第1学年に97名の入学を許可し、岩ケ崎国民学校の一部を校舎とする。
 昭和18年 4月 1日  中学校令の改正に伴い宮城県岩ケ崎高等学校女学校と改称
 昭和19年 4月 1日  補修科廃止、専攻科設置・修業年限1年(定員50名)
 昭和21年 4月 1日  中学校令の改正に伴い専攻科廃止、高等女学校の修業年限3年となる。
 昭和21年 4月 7日  高等女学校歌制定
 昭和23年 4月 1日  高等学校令の制定に伴い町立宮城県岩ケ崎高等学校(男女共学・修業年限3年・募集定員200名)と改称
 昭和23年 4月15日  校章を制定する
 昭和23年 5月11日  宮城県岩ケ崎高等学校父母教師会(PTA)発足
 昭和23年 7月 1日  定時制過程(中心校および尾松・鶯沢・文字の3分校)を設置
 昭和24年 3月17日  宮城県岩ケ崎高等学校同窓会発足
 昭和24年 7月 1日  定時制課程(細倉分校)設置
 昭和24年 7月15日  同校定時制課程細倉分校開設
 昭和25年 2月 1日  町立から1町6ヶ村(岩ケ崎・文字・栗駒・尾松・鳥矢崎・鶯沢・津久毛)の組合立に移管
 昭和26年 3月31日  定時制課程・尾松・文字2分校廃止
 昭和26年 4月 1日  県立移管
 昭和26年 6月23日  校舎第1期工事完了移転、この日を開校記念日とする
 昭和26年12月23日  校歌制定
 昭和27年12月25日  校舎第2期工事完了(特別教室増等)
 昭和29年 8月21日  校舎第3期工事完了(体育館)
 昭和29年 8月28日  落成式挙行、記念碑建立
 昭和31年 3月31日  定時制課程の2分校(細倉・鶯沢)を統合し鶯沢分校と改称
 昭和37年12月15日  鶯沢分校新校舎完成、移転
 昭和38年 4月 1日  1学級増(募集定員225名)となる。定時制中心校を鶯沢分校に統合
 昭和39年 4月 1日  定時制課程募集停止し、全日制課程鶯沢分校開設(普通科機械コース1学級男子・普通科商業コース1学級女子)
 昭和40年 4月 1日  宮城県岩ケ崎高等学校施設設備整備期成会発足
 昭和41年 4月 1日  鶯沢分校・機械コース1学級を機械科1学級に学科変更(男子40名)
 昭和41年11月 1日  図書館・理科室完成、創立25周年記念式典挙行
 昭和42年 3月 2日  定時制課程閉校
 昭和42年 4月 1日  機械科1学級増設(男子80名)
 昭和43年 4月 1日  電気科1学級新設(男子40名)
 昭和43年 7月 8日  新体育館完成
 昭和44年 4月 1日  鶯沢分校が宮城県鶯沢工業高等学校として独立
鶯沢工業高等学校の沿革は こちら をクリック
 昭和46年 7月10日  プール完成
 昭和47年 7月10日  第2グラウンド完成
 昭和49年 3月25日  柔剣道場完成
 昭和54年 2月20日  自転車置場増設
 昭和55年 4月 1日  4学級(募集定員180名)となる。
 昭和57年 3月15日  新校舎竣工
 昭和57年 6月 1日  「語らいの広場」、校舎前舗装工事完了
 昭和57年 9月 9日  創立40周年・新校舎落成記念式典挙行、岩高40年史刊行
 昭和58年 1月 6日  クラブ室8室完成
 昭和59年 4月18日  栗駒町稲屋敷・栗原徳殿の篤志による「いちい」の巨木移植
 昭和59年 7月26日  天体観測室寄付受納
 昭和60年 3月 1日  校庭整備・側溝整備
 昭和60年 9月 6日  プールトイレ完成
 平成 2年 1月22日  渡り廊下(武道館通路)完成
 平成 3年 3月30日  教育用コンピュータ設置
 平成 3年10月 2日  創立50周年記念式典挙行、「岩高50周年記念誌」刊行
 平成 4年10月31日  トレーニングマシーン設置
 平成 5年 3月31日  野球場バックネット完成
 平成 6年 3月29日  渡り廊下(A棟C棟連絡通路)完成
 平成 8年 2月20日  バイク駐輪場新築工事完了
 平成 9年 4月 1日  普通科2コース制(文系教養コース・理系教養コース)となる
 平成10年 3月10日  更衣室及び屋外便所竣工
 平成10年 4月 1日  校舎・体育館機械警備導入
 平成10年 4月 1日  中高連携教育研究県指定(2ヶ年)
 平成12年 4月 1日  1学級減(募集定員120名)となる。2学期制実施
 平成13年 8月 2日  創立60周年記念事業音楽練習場(育英館)落成
 平成13年11月14日  創立60周年記念式典挙行,「岩高60周年記念誌」刊行
 平成14年 3月31日  宮城県岩ケ崎高等学校施設設備整備期成会廃止
 平成14年 4月 1日  宮城県岩ケ崎高等学校後援会発足
 平成20年 6月14日  岩手・宮城内陸地震発生
 平成20年10月15日  平成20年10月15日 〜 平成21年 3月25日 岩手・宮城内陸地震復旧工事
 平成21年 4月 1日  再編統合により宮城県岩ケ崎高等学校創造工学科(鶯沢校舎)設置
 平成23年 3月 2日  宮城県 鶯沢工業高校 閉校
 平成23年 3月11日  東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)発生
 平成23年10月27日  創立70周年記念式典挙行、「創立70周年記念誌」刊行
 平成23年11月19日  PTAを統合
 平成24年 8月 4日  同窓会を統合
 平成25年 4月27日  後援会と教育振興会を統合
 平成26年 3月20日  CAD/CAM装置(鶯沢校舎)導入
 平成28年 4月 1日  創造工学科募集停止、1学級減(募集定員120名)となる

バナースペース

宮城県 岩ヶ崎高等学校

〒989-5351
宮城県栗原市栗駒中野愛宕下1-3

TEL 0228-45-2266
FAX 0228-45-2267

学校長  吉田 玲子